格安SIMのランキング比較サイト|格安SIM各社の口コミも紹介

2017年3月、今一番お得な格安SIMをランキングと口コミでご紹介!

今、お使いのドコモやauなどのいわゆる大手キャリアの高いスマホ料金から格安SIM会社に乗り替えて、毎月のスマホ料金を減らしたい!と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、格安SIMを提供している会社は乱立状態で、どこの格安SIM会社が安いのか?音声通話は逆に高くなるのではないか?自分のスマホで使えるのかわからない、格安SIMを使っている人の口コミを見たい…、という方も多いと思います。

 

格安SIMに乗り換えて、毎月のスマホ料金を安くなったのはいいけれど、速度がめちゃめちゃ遅くなったり、使い勝手が悪くなったりしては本末転倒ですよね。
そこで、このサイトでは私や私の家族が実際に格安SIMに乗り換えた経験や知識を元に、初心者の方にもわかりやすく、おすすめの格安SIM会社をランキングと口コミで紹介いたします。

『最新!格安SIM各社キャンペーン情報!』
『OCNモバイルONE』 
  特典1: 2ヶ月間、月額基本料割引、
  特典2:1年間、基本通信容量増量!
  特典3:SIMカード追加手数料無料!(4月30日まで)
『楽天モバイル』ショップでiPhoneを見せるだけで月額基本料3ヶ月無料(5月10日まで)
 「1人契約するともう1人無料!」5分かけ放題+5GB以上の通話SIMお申し込みで、
  2枚目以降の月額基本料が最大1年間無料!
『Nifmo』おさがりスマホキャンペーン:端末の買い替えなどで使わなくなったスマホを
  家族のNifMoデビューの際にお譲りいただくと端末を譲って頂いた方に特典をプレゼント!
  (4月30日まで)
『mineo 』
 1.音声SIMの新規契約で月額800円×3ヶ月間割引になる新生活応援キャンペーンが開催中!
  2017年5月9日まで!
 2.紹介キャンペーン特典が倍増☆2,000円分のAmazonギフト券をプレゼント中です!
  2017年5月9日まで。

 3.ユーザーコミュニティ『マイネ王』に登録&ID連携で1GB分のパケットプレゼント
  キャンペーン中!!

『目次』
1.容量3GBで1728円!音声通話付きSIMプランの人気ランキング&口コミ!
 1-1.楽天モバイル 通話SIM 3.1GBプラン
 1-2.BIGLOBE エントリープラン(3GB/月・音声通話)
 1-3.mineo ドコモプラン(Dプラン) デュアルタイプ(3GB) データ通信+090音声通話
 1-4.OCN モバイル ONE(110MB/日・音声通話)
 1-5.IIJmioミニマムスタートプラン 音声通話みおふぉん(3GB)

 

2.ライトユーザ向け!音声通話付きSIMプランの人気ランキング&口コミ!
 2-1.FREETEL SIM 定額プラン 1GB 音声通話付
 2-2.DMMモバイル通話SIMプラン 1GB
 2-3.BIGLOBE音声通話スタートプラン(1GB/月音声通話) 
 2-4.DTI SIM 音声プラン 1GB
 2-5.U-mobile 通話プラス ダブルフィックス

 

3.データ量が2Gで音声通話付きSIMプランの人気ランキング&口コミ!
 3-1.エキサイトモバイル定額プラン 音声SIM 2GB
 3-2.DMMモバイル通話SIMプラン 2GB 
 3-3.ロケットモバイル2GB プラン+通話プラン
 3-4.NifMo 1.1GBプラン(音声通話)
 3-5.nuroモバイル 2GB 音声通話

 

4.先月のデータ量をチェックする方法

 

5.格安SIM格安スマホの会社を選ぶポイント
 5-1.通話無料や電話かけ放題の有無
 5-2.バースト転送機能の有無

 

まず最初に、一番人気の『データ量3GBの音声通話付きのプラン』から紹介します。
現在、大手キャリアの「データSパック(小容量)(2GB)」や「データ定額ミニ 2GB」などを「2GB」で契約しているのだけど、月末になるとデータ量を使い切って、速度制限がかかってしまうのがイヤなので、2Gに1GBを追加して、新たに3GBで格安SIMを契約する人が増えているようです。

 

容量3GBで1728円!音声通話付きSIMプランの人気ランキング&口コミ!

こちらは、次のような方に向いているプランです。
・今までのキャリアと同じように通話もネットも使いたい!
現在2GB契約で、月末になると速度制限がかかってしまう方。

 


 

月々1728円の楽天モバイルは3.1Gのデータと通話SIM。MNPで元の携帯番号から乗換えが可能です!楽天モバイルと契約している間はずっ〜と楽天ポイントが2倍!なので、楽天をよく使う方にはおすすめの格安SIM会社です。

私は3.1GBプランと楽天でんわ5分かけ放題オプションを付けて利用しています。

乗り換える前は、ドコモを利用していて、月額使用料はだいたい毎月8千円弱でした。
楽天モバイルに乗り換えてからは毎月3千円以内で、以前より半額以下になりました!私はよく楽天で買い物をするので、楽天モバイルだと、楽天ポイントが常に2倍になるというのも魅力でした。

 

 

http://xn--sim-j73b1ca4z7l1a28codb9282lnfpb.com/link/biglobe.html 

「3分間のかけ放題」「月60分の通話」のどちらかをオプションで選べます。「BIGLOBEでんわ」という専用アプリを使えば30秒10円と通話料が半額に!もちろんMNPで元の携帯番号もそのままでOKです。

私はドコモからBIGLOBEに変更しました。ドコモのカケホー代+パケットパックSタイプを使用しており月々6000円弱かかってましたが、今では半額で済んでいます。余ったパケットは翌月に持ち越せるのもうれしいです。


http://xn--sim-j73b1ca4z7l1a28codb9282lnfpb.com/link/mineo.html 

「月合計30分の通話」「月合計60分の通話」のどちらかをオプションで選べます。mineoは余ったデータ通信容量を翌月に繰り越すことが可能な格安SIMです。もちろんMNPにも対応しています。

私はドコモからmineoに変えました。mineoはオプションで留守電をつけても、月々約3700円。今までは、3GBで月々約8000円もかかっていたので、大変助かっています。

このプランは一日あたりのデータ量を110MBです。これを越えたデータ量を使うと速度制限が入りますが、日付が変わるとすぐに元の速度に戻るというプランです。いつも月末が速度制限されて困る方には最適なプランになります。もちろんMNPにも対応しております。また翌月からのプラン変更も可能で、使い勝手のよい格安SIMです。

 

http://xn--sim-j73b1ca4z7l1a28codb9282lnfpb.com/link/iijmio.html 

IIJmioミニマムスタートプラン 音声通話みおふぉん(3GB)

IIJmioなら翌月繰り越しが可能。 その月に使い切らなかったデータ量を翌月に繰り越すことができます。
かけ放題も3分と5分が選べるのは助かりますよね。

 

 

次に売れ筋なのが、1GBも使わない「ライトユーザ向け」のプランです。
これはご自宅やお出かけ先に無線LANの環境があり、自分のパケットを使わずに済むという方向けのプランになっています。

ライトユーザ向け!音声通話付きSIMプランの人気ランキング&口コミ!

こちらは、次のような方に向いているプランです。
毎月のデータ量が1GBまで使わない方。
・WiFiが使えるので、データ通信はあまり使わない方。

 

FREETEL の定額プランは1Gのデータと音声通話付きのSIM。MNPで元の携帯番号から乗換えが可能です!
LINEのパケットが無料なので、LINEをよく使う方にはおすすめの格安SIM会社です。

私はドコモからFREETELの格安SIMに切り替えました。FREETELにした最大の理由はLINEやFacebook、Twitterの通信量が無料だからです。FREETELはSNSをたくさん使う人にとっては一番使いやすい格安SIM会社だと思います。

 

DMMモバイルはDMMポイントが貯まりますので、DMMをいつも利用されている方におすすめの格安SIM会社です。
「データ通信量の繰越が可能」なので、1Gも使いこなせなかった方は翌月にデータを持ち越せます。

auのスマートフォンを使っていたときは、携帯の料金だけで9000円ほどかかっていましたが、DMM mobileにした今は3000円少しですんでいます。私はネットを少し、と、メール、ラインが使えれば良く、動画はそんなに見ないので1GBのプランで十分だし、使わないものに1万円弱も払うのはもったいないなと思い変更しました。料金が三分の一になり、今までの高い料金はいったい何だったのかと思います。

 

BIGLOBEは国内通話料が他社の半額の「BIGLOBEでんわ」も使えるお得な格安SIM会社です。
また、余ったデータ通信容量を翌月に繰り越すことが可能な格安SIMです。
もちろんMNPにも対応しています。

私はドコモからBIGLOBEIの格安SIMに切り替えました。もともとBIGLOBEは通信大手のNEC系列なので安心です。また他社にはない「BIGLOBE電話」も30秒で10円と他社の半額でつかえるので、格安SIMのBIGLOBEに切り替えて満足しています。

 

DTI SIM 音声プラン 1GB

このプランは余ったデータ通信容量を翌月に繰り越すことが可能な格安SIMです。MNPにも対応しておりますから、すぐにこちらの格安SIM会社に乗り換えることができます。

私はドコモからDTIの格安SIMに切り替えました。もともとDTIは元々インターネットのプロバイダーとして老舗なので信頼できるからです。通信速度もドコモと遜色なく、快適に使えている上、料金が半額以下になりましたので、大変満足しています。

 

U-mobile 通話プラス ダブルフィックス

U-mobileは1G〜3Gの間は使った分だけデータ使用料金を払う仕組みになっています。

私はドコモからU-mobileに乗り換えました。スマホでは動画もほとんど見ないのでメールやFacebook、LINEができることと、あと固定電話に時々電話する必要があるので、月60分のコースにしています。ドコモに比べて、通話料金が半額以下になり、早く切り替えればよかったな〜と思っています。

 

 

こちらは現在、大手キャリアの2GBの契約で、月末になっても速度制限がかからない方向けのプランになります。

データ量が2Gで音声通話付きSIMプランの人気ランキング&口コミ!

こちらは、次のような方に向いているプランです。
データ量が2GBの契約でも速度制限がかからない方
・今までのキャリアと同じように通話もネットも使いたい!

 

エキサイトモバイルの定額プランは2Gのデータと音声通話付きのSIM。MNPで元の携帯番号から乗換えが可能です!
月々のデータ量が2GBにしては通信料がお安く、また余ったデータは翌月に持ち越し可能です。

私がエキサイトモバイルにしたのは、1つの契約で3枚以上のSIMカードが使えるからです。家族みんなで使う場合や複数の端末を使っている人にはうってつけの格安SIM会社です。

 

DMMモバイルはDMMポイントが貯まりますので、DMMをいつも利用されている方におすすめの格安SIM会社です。
「データ通信量の繰越が可能」なので、2Gも使いこなせなかった方は翌月にデータを持ち越せます。
また月々391円で、「DMM Wi-Fi by エコネクト」の全国のWiFiアクセスポイントが使えるオプションもあります!

DMMモバイルに変更しました。一番の理由はオプションで全国にあるWiFiスポットが使えるからです。これだとパケット量を抑えることができ、料金も節約できるので、お薦めです!

 

ロケットモバイルは知名度はイマイチですが、月々1404円から使えるお得な格安SIM会社です。
また、余ったデータ通信容量を翌月に繰り越すことが可能な格安SIMです。
もちろんMNPにも対応しています。

格安SIM会社の中でも一番安いロケットモバイルにしてみました。安いからと言って通信速度が遅いわけでもなく、普通に使えています。元々ドコモに8000円近く払っていたのが
2000円以下になり、切り替えて良かったです。

 

NifMo 1.1GBプラン(音声通話)

NifMoは大手通信キャリアのニフティが運営する格安SIM会社です。最大の特徴は通話時間、回数制限のないIP電話のオプションがあり、
このオプションつけるとかけ放題で、2851円というお安い格安SIMに乗り換えることができます。また専用アプリを使って、公衆無線LANに接続することができます。

ドコモからNifmoにMNPで番号そのまま、乗り換えました。Nifmoにした理由はここだけIP電話が「かけ放題」だったからです。私の場合、LINEをやっている人が少ないので、このかけ放題は大変助かっています。

 

nuroモバイル 2GB 音声通話

 

nuroモバイルは契約データ量を毎月変更することができるお得な格安SIM会社です。
また、余ったデータ通信容量を翌月に繰り越すことが可能な格安SIMです。
もちろんMNPにも対応しています。

 

 

先月のデータ量をチェックする方法

 

現在docomoと契約されている方

docomoの方はMydocomoにログインして、そこの「利用明細、データ量の確認」から「当月・前月分」をクリックすれば、ご自身の使ったデータ量がわかります。

 

現在auと契約されている方

auの方はauの「今月の通話・通信料およびデータ通信量」にログインして、そこの今月の通話・通信料およびデータ通信量から「前月ご利用のデータ通信量の確認はこちら」をクリックすれば、ご自身の使ったデータ量がわかります。

 

現在softbankと契約されている方

My softbankにログインして、そこの「データ通信量の項目」から、ご自身の使ったデータ量がわかります。

 

 

格安SIM格安スマホの会社を選ぶポイント

 

それは下記の2点が重要です。

通話無料や電話かけ放題の有無
バースト転送機能の有無

通話無料や電話かけ放題の有無

格安SIMの最大のデメリットとも言えるのが音声通話料金の高さです。大手キャリアだと、家族同士は音声通話無料だったのですが、格安SIMではこの家族同士の無料通話がありません。このポイントがネックになって、格安SIMや格安スマホへの切り替えを悩んでいる人も多いと思います。

 

しかし、このデメリットも最近では急速に解消されつつあり、一部の格安SIM格安スマホ会社では『5分以内』という制限はありますが、『回数無制限でかけ放題』といったプランやオプションを用意する会社も増えて来ています。

 

なので、音声通話を頻繁にする方が格安SIMに切り替えるのであれば、これらのかけ放題のプランやオプションがある格安SIM会社を選ぶとよいでしょう。
各社の無料通話・かけ放題プランの有無は以下の通りです。

格安SIM会社 かけ放題の有無 かけ放題追加料金
BIGLOBE SIM あり(3分以内と月60分以内) 650円
DTI SIM あり(5分以内) 842円
FREETEL あり(1分以内と5分以内) 430円と907円
IIJmio あり(3分以内と5分以内) 648円と896円
NifMo あり(IP電話かけ放題) 1404円
mineo あり(月30分以内と月60分以内) 907円と1814円
OCNモバイルONE あり(5分以内) 918円
U-mobile あり(月60分以内) 864円
楽天モバイル あり(5分以内) 918円
エキサイトモバイル なし なし
DMMモバイル なし なし
LINEモバイル なし なし
ロケットモバイル なし なし

 

 

格安SIM会社で『楽天モバイル』、『U-mobile』、『DTI SIM』の3社が、かけ放題を含んだプランを提供しています。一方、『OCNモバイルONE』、『NifMo』、『IIJmio』、『楽天モバイル』、『DTI SIM』の5社はオプションでかけ放題を追加することが可能になっています。やはり音声通話の頻度が高く、音声通話料も節約したい方なら、これらの格安SIM(MVNO)会社を選ぶのがおすすめです。

 

 

 

『バースト転送機能の有無』

最初の『バースト転送機能の有無』ですが、これは実際に格安SIM格安スマホを使っていてこれがあると、超〜便利な機能が『バースト転送機能』です。

『バースト転送機能』とはインターネットに最初にアクセスした数秒間だけ高速で通信を行う機能です。これがあれば、低速状態でインターネットにアクセスしても、最初の数秒間だけは自動的に高速のパケット通信を行ってくれるので、サクッとサイトを表示してくれます。

 

月末が近くて通信容量がギリギリで、通信容量を節約したい時や、すでに今月の通信容量を使い切ってしまい、通信速度に制限がかかってしまった状態でも、この『バースト転送機能』があるとストレスなくサクサクとネットが使えます。人によっては『バースト転送機能』のおかげで今月の通信容量を使い切ってしまった事に気づかなかったという人もいるほど、便利な機能ですので、今後格安SIM格安スマホを選ぶ際にはぜひ、『バースト転送機能』が付いている会社を選ぶのがおすすめです。

 

『バースト転送機能』の有無は以下の通りです。

格安SIM会社 バースト転送機能
BIGLOBE SIM なし
DMMモバイル あり
DTI SIM なし
IIJmio あり
NifMo なし
mineo あり
OCNモバイルONE あり
U-mobile なし
エキサイトモバイル あり
楽天モバイル なし

 

 

 

バースト転送機能に対応している格安SIM会社(MVNO)は、mineo、OCNモバイルONE、IIJmio、DMMモバイル、エキサイトモバイルなので、やはりこれらの格安SIM会社を選ぶのがおすすめです。

 

一方、DTI SIMやU-mobile等、通信量無制限プランを提供してる格安SIM会社はこの『バースト転送機能』がありませんが、これは通信制限がかからない『通信量無制限プラン』だからなので、格安SIMの『通信量無制限プラン』を検討してされている方なら、これらの格安SIM会社もおすすめです。