格安SIMの通信エリアは?

2017年11月の格安SIMニュース

・格安SIMのBIGLOBE(ビッグローブ)が新たに「BIGLOBEモバイル」としてリニューアル!
 詳細はこちら
・格安SIMのmineoの「au回線をもっと使ってみよう!」キャンペーンが始まりました!
 詳細はこちら
・格安SIMの「楽天」が月々1980円のスーパーホーダイプランを発表しました!
 詳細はこちら

格安SIMの通信エリアは?

格安SIMを利用するにあたって不安になることがいくつかあると思います。
その中の一つになるのが通信エリアがどうなっているのかです。
いくら料金が安くなって使いやすくなったといっても通信エリアが狭くて、使いたい場所で使えないとなれば格安SIMにした意味がなくなってしまいます。
その点どうなっているのでしょうか。

 

使用するSIMカードによって通信エリアは多少異なることがありますが、ほとんどの格安SIMはドコモの回線を借りて使用していますのでドコモと同じエリアで使用できると考えて良いでしょう。
ですからドコモのSIMを使用していてクリアに通話できる場所では問題ありませんし、ドコモの電波状況で悪い場所だと通話がしづらいといった環境になります。

 

また一部の格安SIMにはauの回線を借りている業者もいますが、そちらはドコモと同じようにauの通信エリアと同じだと考えてください。
ですからほぼ多くの格安SIMはドコモの通信エリアと同じであり、その範囲内では問題なく使用することができます。

 

先ほど言いましたようにドコモの回線を借りていますが、使用する格安SIMで多少の違いがでます。
SIMカードの中にはさまざまなプランがあり、データ通信のみであったり、通話もできるものであったりと、利用量もそれぞれ違いますから使っていくうちに遅く感じたり、他と違ったりすることもありますが、それは契約しているプランやどこの回線かによって、少し違う程度になります。

 

基本的に格安SIMだから通信エリアが狭いということはなく、問題なく使用できるのです。
ソフトバンクの場合は元々の端末の方でSIMロック解除をしないと格安SIMは使えない仕様になっており、SIMロック解除をした上で先ほどのドコモやauの回線を借りているSIMカードに差し替えますから同じことが言えます。

 

このように格安SIMだからと言って、通信エリアのことはほとんど気にすることはありません。