格安SIMで音声通話は可能?

2017年11月の格安SIMニュース

・格安SIMのBIGLOBE(ビッグローブ)が新たに「BIGLOBEモバイル」としてリニューアル!
 詳細はこちら
・格安SIMのmineoの「au回線をもっと使ってみよう!」キャンペーンが始まりました!
 詳細はこちら
・格安SIMの「楽天」が月々1980円のスーパーホーダイプランを発表しました!
 詳細はこちら

格安SIMで音声通話は可能?

格安SIMには、キャリアと同様に通話とデータ用SIMと、データ専用SIMの2種類あります。
いずれもキャリアの月額料金より半額以下で利用できるのが魅力です。
格安SIMにはキャリアのように時間が無制限のかけ放題プランはありませんが、様々な通話プランが登場しております。

 

まず、格安SIM会社で初めて「制限付きかけ放題プランサービス」を取り入れたのは、楽天モバイルです。
「コミコミプランS」なら、スマホ代+データ通信+5分かけ放題付きで税別1880円(2年契約の1年間)となっています。
また2年契約が嫌な方には、音声通話プランに850円をプラスするだけで、「5分間かけ放題」となります。

 

次に「OCNモバイルONE」では、「OCNでんわ5分かけ放題オプション」があります。
こちらも音声通話プランに850円プラスするだけで、5分間かけ放題となります。
さらに5分を超えた通話料金は、通常30秒20円が10円と半額になります。

 

次にIIJmioのかけ放題通話定額オプションを説明します。
IIJmioには珍しく2種類のかけ放題プランがあります。
それは600円プラスの「誰とでも3分家族と10分」と、830円プラスの「誰とでも5分家族と30分」というプランで、
家族間の通話が長くできる!という特徴があります。
また無料通話分を超えた通話料金が、30秒20円から10円と半額になります。

 

次に様々な割引サービスで人気のDTIには、「でんわかけ放題」があります。
これは音声通話プランに780円プラスすると5分かけ放題となるサービスで、業界最安値のオプション料金となっています。

 

最後にテレビCMでお馴染みのmineoです。残念ながら5分間のかけ放題プランはありませんが、通話料金が実質割引になるサービスがあります。
それはオプション料金840円の「通話定額30」と1680円の「通話定額60」です。
例えば「通話定額」30なら、1ヶ月で30分の通話が無料になります。
30分の本来の通話料金は1200円ですが、オプション料金840円で通話でき、実質360円割引になるというわけです。